言語切り替えスイッチ

バリフラット

バリ=超、フラット=階層のない組織

役職・部署も全て撤廃し、個人とチームが最大限に力を発揮するISAO独自の組織運営です。
部署ではなく全てがプロジェクトとして、同列に並んでいます。
権威ではなく価値観でまとまるチームを目指し、2015年10月より採用・運用を開始し、今も進化を続けています。

  • ヒエラルキー(階層型)組織

    ヒエラルキー(階層型)組織

  • ISAOのバリフラット組織

    ISAOのバリフラット組織


全員が経営者。
組織を強くする”4つのゼロ”

一般的な組織にはびこる権威を徹底的に廃止。
個々の主体性、リーダーシップの発揮を促すことで、全員が経営者視点で仕事をします。

4つのゼロ

ボーダーレスで柔軟なプロジェクト体制

プロジェクトリーダーのもとメンバーが集まり、ビジョンの実現を目指します。
代表の中村でさえ、プロジェクトメンバーに。オープン&フラットの原則を体現しています。

ボーダーレスで柔軟なプロジェクト体制

キャリアアップを支えるコーチ制度

上司・部下という関係の代わりに、個人のキャリアアップを支援するためのコーチ制度を導入。
キーワードは、成長。
メンバーに気づきを与え、進化のサイクルを加速します。

キャリアアップを支えるコーチ制度
  • 成長サポーター

    コーチはメンバーの一番の理解者となり寄り添う存在。
    相手の気づいていない事実(良い点も改善できる点も)を伝えることで、メンバーの成長を加速させます。
    主体はあくまでメンバーですが、活動へのフィードバックを通して成長をサポートしてくれる、心強い存在です。

  • 指名とチェンジ

    リスペクトしている人の言葉なら、より素直に心に響くはず。
    コーチングの効果を最大限に高めるために、メンバー自らコーチを指名することができます。
    更に、コーチ変更もいつでも可能。十人十色のコーチ陣。誰から何を得るのかは、あなた次第!

  • 360度評価

    成長サポーターであるコーチですが、評価者という一面も持っています。
    ただし、評価者はコーチの他からも複数人自ら選べるようになっており、コーチの意見だけに偏らない仕組みにしています。
    メンバーもコーチも、周囲の人たちの様々な声を知ることができ、それらを反映して評価が決まります。